実はFXは未成年でも親の同意なく始められる話

実はFXは未成年でも親の同意なく始められる話

こんなタイトルでさっそくFXで1000円溶かしました。楓です。

世の中ってそうそう儲からないように作ってあるので当然なんですけどね。

追証がないので別に借金は背負ってません。奨学金という借金はあるけれどそれは別のお話。

日本は20歳成人

18歳以上、20歳未満ってかなり制限のある年齢だと思います。

早い人は15歳から働かざるを得ないし、高校も順調なら18で卒業です。

しかし成人扱いではないためいろいろと制約があります。一人暮らしをせざるを得ない状況の人も多いのに単独では家は借りられないしローンも組めないです。

選挙権はありますが、酒煙草投資借金も基本的にできないです。

(ただししなくていいとも言う)

今回はまあ抜け道のお話

FXとはにか

FXとは「Foreign Exchange」の略。

日本語の正式名称は「外国為替証拠金取引」、略称は「外為」。

ドルやユーロのような外国通貨の交換比率は日々変動していて、その差を利用してお金を儲けるという仕組みのことです。

FXで破産するのはなぜか

さて、FXと聞くと借金地獄とか有り金全部溶かしたとかいった話を聞くかと思います。

ただ通貨を売り買いしているだけだと、1万円が0円になることはあってもマイナスになることはないはずですよね?

これはFXのある仕組みが関わってきます。レバレッジという制度です。

FXは一度に数百万円といったお金を取引することがあるので、お金持ちでなくてもできるように必要なお金を業者から借りて取引することができるのです。

預けたお金の何倍かまで(業者によって違う)が利用できるようになるので一獲千金を狙うことができるようになります。

レバレッジで得た利益は自分のもの。その代わり損失も自分の責任。そういったルールです。

なので高すぎるレバレッジを利用して取引に失敗すると損失を業者から請求されることになるのです。

FXは通常、未成年はできない

FXはレバレッジの制度があるがために、未成年は参加することができません。

責任問題が生じるからですね。

でも、物事には常に抜け道があります。

日本の成人は20歳。でも海外の成人は18歳のところが多くあります。

FXは何も日本だけの独自の制度ではありません。海外だって行っています。

そう、海外FXなら未成年でもできるのです。

XMは海外のFX業者です。18歳から登録ができます。

XMをつかうのはなぜか

XMは海外の大手(楓調べ)です。でもそれ以外にも理由がいくつかあります。

海外ならではの、日本企業には決してできない素晴らしい制度を用意してくれているのです。

  1. レバレッジ最大888倍
  2. 追証なし
  3. 資金ゼロでも取引を始められる
  4. 日本語対応

レバレッジ888倍

レバレッジが大きいと借金リスクが上がる代わりに大儲けが狙えるようになります。

実は常に最大のレバレッジで取引する必要はないのです。

最大25倍でもレバレッジなしで取引できますが、逆に30倍は使えません。

日本国内でFX業者を作るとき、25倍以上のレバレッジをかけられるようにすると違法なので25倍以上の業者は存在しません。

しかしXMは海外企業。日本法人すら持っていないのでその法則は通用しません。

追証なし

追従とは、口座残高がマイナスになったとき(=レバレッジで損した時)にその額を請求することです。

国内FXでは常に追証を行います。(法律でそう定められています)

しかしXMは海外企業。

口座残高がマイナスになったら0円に戻ります。

レバレッジと合わせると利益が素晴らしいことになるでしょう。

資金0でも取引が始められる

XMでは口座を開設した時に3000円分のボーナスポイントがもらえます。

ボーナスポイントは引き出せない(=現金化できない)代わりに通常の取引の資金と同じように扱える制度です。

利益は現金として手に入れられるので、一円でも儲ければOKです。

これは国内でも違法じゃないらしいけど。

日本語対応

日本語を始め世界中の言語に対応しています。

FXはそんなにもうからない

ここまで書きましたけど今のところ勝ってないです。

3000円で一切資金を振り込まずに体験だけするのはありじゃないかなあ。

ちゃお