【2019年版】Linuxのサーバー向けディストリビューションを選ぶ!Debbian至高説。

Linuxサーバーのディストリビューション選び

楓です。ブログ更新したい。ネタがない。

ああ、そうだLinuxの記事がウケてるらしいんで適当に。

サーバ用のLinuxを選びましょう。実はさほど選択肢があるわけじゃないんですよね。

サーバーが求めるのは安定性。デスクトップ環境のような多彩な機能やグラフィカルなインターフェイスは不要なので選択肢は自ずと限られています。

というわけで明らかにデスクトップ向けのUbuntu派生やマイナーなRHEL派生を切り捨ててサーバーに使っても申し分ないものをピックアップしました。

スポンサーリンク




Red Hat Enterprise Linux系

Red Hat Enterprise Linux

数少ない商用Linuxにして、日本で一番メジャーなCent OSのオリジナル。

余りにも名前が長いのでRHELと略されることが多い。

できることは最高峰。しかも企業のサポートが付く。ただし値段は高い。

詳しい解説はCent OSとFedoraをどうぞ。

Cent OS

日本で暫定メジャー。楓は嫌い。サポートがないRHEL。

バージョンアップでコマンドが変わる。だいたいFedoraのせい。

安定性は10年の長期サポートゆえに高い。ただバージョン依存が起こりやすい。

Debianより複雑ながら簡単でパッケージは少ない。

仕事で触れるサーバーは大体RHEL系なので学ぶメリットは高い。でも楓は嫌い。

Firewallとか便利な機能も豊富。でもIptablesのほうが使いやすい気がする。

Fedora

サーバー求めるならやめとけと思います。

RHELにより支援を受けて開発されている、RHELの実験台。

急速に発展しているのでどうなってもいいサーバーの実験機として使う感じかな。

バグも多いし安定性は皆無に近い。

成果物は上二つに取り込まれるので時期CentOSの予習のつもりならGood。

Vine Linux

本当に大学生かといわれそうな枯れたLinux。安定性は高いよ。バグフィックスも遅いよ。

RHEL系だけど事実上の独立ブランチ。古いバージョンから更新し続けてる感じ。

有償版と無償版がある。有償版は今販売停止中。違いは商用ソフトの有無とサポート。

リリースサイクルが不定期。日本語環境で使うのには最適。

ただ、サーバーで日本語環境が必要かといわれると……。

Debian系

Debian GUN/Linux

言わずと知れたサーバー用Linuxの古参。

安定性は高い。自由度も高い。これが触れないならサーバー構築は無理だ。

日本ではCentOSがメジャーすぎて忘れられがち。

Raspbian

ほぼラズベリーパイ前提。元がDebian GNU/Linuxなので一応他のマシンでも動く。

監視サーバーとかNAS向けの機能があるので安いし便利かも。

ラズパイ自体が安いのでDebian勉強する人はどうぞ。

Ubuntu Server

初心者向け。ユーザーフレンドリー。

Ubuntuは安定しないという意見も日本では根強いけども、個人的にはやはりCentOSより弄りやすい。

楓のMinecraftサーバーはこれ。Debianとどっちにしようか迷ったけど。

その他

Slackware

安定性はRHELやDebian GNU/Linuxより上(かもしれない)。歴史は最も長い。

セキュリティ性も抜群に高い。パッケージマネージャーに依存していないので中立性が高い。

そしてほとんど何も入っていないのでシンプルに軽量である。

少しは新しいものがいい→Arch Linuxへ

より高い自由度が欲しい→Gentooへ

Arch Linux


Arch Linux
You’ve reached the website for Arch Linux, a lightweight and flexible Linux® distribution that tries to Keep It Simple.
Currently we have official packages optimized for the x86-64 architecture. We complement our official package sets with a community-operated package repository that grows in size and quality each and every day.


 

Simple is Best!

その一言に尽きる。実質Slackwareと特徴は一緒。

Slackwareより新しいパッケージがある。公式パッケージの量はArch Linuxのほうが多い。

Gentoo Linux

サーバー用に使ってる人はいないと思いたいけどいそうだから怖いあのLinux。

あなたには無限の自由が与えられている。

全部コンパイルすれば最適なパフォーマンスが出せる理論を地で行くOS。異端児。

最適なカスタマイズができれば最適なサーバーになるかもね。やりたくない。

こまったらTwitterで#gentooinstallbattleとタグをつけて聞くといいらしい。

流石にここまで辛いの触ったことない。

誰だよ、初心者はGentooo Linuxを使うといいよとか言った奴。

Android

確かにAndroidはLinuxなのでサーバーは作れる。

Androidタブレットをサーバーにする奴がいるらしい。バカじゃないの?

省エネ、省スペース、バッテリー付き、無音なので最適だとか。発火リスクは?

Androidは外付けHDDを取り付けられるし、USBで給電できる。

でもそれラズベリーパイじゃダメなの?

番外編:Linux以外

Windows Server

ライセンス料高い。操作は多分一番しやすい。性能は微妙。情報は多い。

GUIが標準搭載で、有償なだけあってサーバーなにそれ状態のひとでも扱えるのは大きな利点だろうとは思います。

企業での導入率はそこそこ高いらしい。ただ個人じゃ手を出すには高すぎる。

macOS Server

強くオススメしません

高い、情報少ない、Appleが目指す方向性が違う、性能も微妙。

Appleはサーバーの方針を去年から転換させ、Cloudとの住み分けを図っています。

ただでさえ値段の高いMacをサーバーに転用し、しかもできる機能も少ないとなると選ぶ理由があまりないです。少なくとも新規にMacサーバーを買う意味はありません。

FreeBSD

Linuxに似て非なるもの。楓が触りたくて未だに触っていない存在。無料。

サーバーとしてはかなり安定している(らしい)。Linuxとはある意味対を成す。

完全業務用ならLinuxより断然オススメだろう(と思う)。

GPLではなくBSDで公開されているので改造の自由度は髙い(はず)。

ただ個人でやってる人は少ないので情報量はかなり少ない。

もうこれをいじりだしたらプロの領域だねって偏見。

その他UNIX系

Linux、FreeBSD以外のUNIX系触ってる人って日本にいるんだろうか。

Solarisくらいしかメジャーなのないし、お勧めしない。

総評

サーバー用OSって安定性が重要だと思うんですよ。

次回、クライアント向け変なOS紹介(未定)

ここまで読んでどうしようって思った人向け。

とりあえずサーバー

→ Debian GNU/Linux, Cent OS

とりあえずわかりやすいの

→ Ubuntu Sever, Raspbian

結論:Debianこそ至高。

スポンサーリンク