Vostro 3550 はHackintoshの夢を見るか? <Mac OS High Sierra編 / 失敗談>

Vostro 3550はHackintoshの夢を見るか? <mac OS High Sierra編 / 失敗談>

前回の続きです。

http://www.moonutopia.com/2019/02/06/post-566

前回同様、これは夢の話です。

繰り返しになりますが、これは夢の話です。

現実ではないかもしれないので、マネして失敗しても責任はとれないし、以下の情報は全て嘘かもしれません。

スポンサーリンク




前回の反省点

反省以前になぜ失敗したかを考えます。

Mojaveではインストーラーの起動まではこぎつけた。(収録外)

Lionでは完全に失敗している。

素体のVostro 3550は2010年の発売で、近い時期に発売されたMacはSnow leopardかLionがインストールされていたはずです。

にも拘らず、Mojaveでは起動し完全に意味不明です。新しいバージョン程安定するのもまた事実ではあるのですが、それにしたって不明です。

Mojaveは非対応機種認定されてインストールできませんでした。Mojaveの一個前のHigh Sierraは2009年モデルまでサポートしているのでもしかしたらHigh Sierraは動くかもしれません。

夢を見るための手順

というわけでHigh Sierraのインストールを試みます。手順は変わらないのでコピペです。

Step 1.イメージファイルの入手

このリンクからイメージファイルをいただきます。会員登録が必要です。

Step 2.Win32DiskImagerのインストール

USBメモリでBootさせるために用意します。

Download Win32 Disk Imager for free. A Windows tool for writing images to USB sticks or SD/CF cards . This program is designed to write a raw disk image to a re...

Step 3.イメージの焼きこみ

イメージファイルを解凍して出てきた.rawファイルを書き込みます。

USBはフォーマットされるので余っているものか専用の物を用意してください。

可能であればUSB2.0対応の古いものが良いようです。USB3.0は失敗しやすいらしいです。

準備ができたらWriteを押します。地味に画像は差し替えています。

書き込みにはかなり時間がかかりますので、農作業するなり風呂に入るなりして待ちます。

USB2.0なのもあって楓のメイン機でも30分以上掛かります。

Step 4.起動

BIOSの初期設定を済ませ、USBメモリを差し込んで起動します。

CloverのBootLoaderが立ち上がるので、そこからインストールメディアを選びます。

既にWindowsやLinuxをインストールしていた場合、そちらを起動する選択肢が出ますので間違えないように。

Step 5.インストール

HDDのボリュームをを削除し、新規インストール。

ボリューム設定はGUID、Apple拡張パーティション。パーティション名は適当に。

数度の再起動の果てにインストールに成功。

MacBook Proの2011年モデルとして認識されています。

なお、Core i3のモデルは存在しませんので完全に楓だけのオリジナルですね。

起動成功後の作業

Cloverをbootloaderとしてインストールしないとこのままでは使えません。

しかし、そのインストールだけが上手くいかない。原因は不明です。

まとめ

今のところ失敗ですね。

ちなみにブートローダーのインストール以外にも問題はあります。

  1. 内臓キーボードが使えない(解決見通し有り)
  2. USB3.0が死亡(解決見通し有り)
  3. 音が出ない(解決見通し有り)
  4. カードリーダーが使えない(対処不可)
  5. 有線LANでないと使えない

次回はKextまわりの見直しとパーティション形式MBRでのインストールに挑戦し、解決策を探りたいと思います。

スポンサーリンク