Raspberry Pi 3を用いた総合制御計画 <設定変更編>

Raspberry Pi 3を用いた総合制御計画 Part2

こんにちは! 楓@天文研究会だよ。

大学祭、お疲れ様! これからようやく改装計画を進めていくよ。

諸般の事情で予定が変わったから、Raspberry PiにGUI環境が必要になったんだ。

とはいえ、既にStretch Liteを導入しているのに入れなおすのも面倒だし余計なものが付いてきても困るからapt-getで最小限必要なファイルだけを導入するよ。

RaspberryPiを使っている時に、応用によって デスクトップ環境の必要がなく、サーバーのような使い方をす …

このサイトを参考にさせていただいたよ。ほぼそのままだけどね。

スポンサーリンク




SSHでの接続

前回と同じだよ。SSHで接続するだけ。

$ ssh pi@192.168.11.6

繰り返しになるけどipアドレスは個々で違うよ。

ユーザーIDは「pi」、パスワードは「raspberry」が初期設定だよ。

サーバー用じゃないから変えてなくても問題ないよ。

GUI環境の導入

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install --no-install-recommends xserver-xorg
$ sudo apt-get install raspberrypi-ui-mods

このコマンドを打つよ。これで最小限のデスクトップ環境が出来上がりだよ。

時間がかかるからロシアンティーでも飲みながら待とう。北国には存在しないマンゴージャムでも美味しいよ。勿論北国のジャムでもいいけどね。

パッケージのアップデートをしないと場合によっては404エラーになるよ。気を付けてね。

ディスプレイが大学からの協賛物資で届くはずなのでそれまではこれで待機かな。

動作検証

windowsでは通常、xを受け取れないからLinux mintでの作業に移るよ。

ブログに写真を残せないよ……。

$ ssh -C -Y pi@192.168.11.6
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install chromium-browser
$ chromium-browser

この方法だとクロームが立ち上がるよ。別に何でもいいんだけど。

ちなみにlxsessionを飛ばせば面白いことになるね。

まとめ

実質なにも進んでないけど気にしないよ。

次回はモーターを動かすよ。既に検証は済んでいるから記事を書くのが面倒なだけだよ。

何時まで経っても本格的にコードを書く気がないエセプログラマー。

ラズベリーパイでプラネタリウムを改修するという目的のために動き出したある大学生の物語。Part3。何時まで経ってもプログラムを書かないまま数か月が経過。まだプログラムは一文字も書いていないのであつた。
スポンサーリンク