WSLでC言語の勉強を始めたい

C言語をWSLで勉強したい

どうも、楓です。唐突にC言語を学びたくなりました。特に理由はないです。

C言語というのはプログラミング言語の一種で、C++やJava, C#など有名な言語の元となったかなり古い言語です。

楓は「Java script」、「Lua」が書けるのでプログラムの基礎知識が無いことは無いくらいなのでCはまだ早いです。

「HTML5」と「XML1.0」も書けますがこちらはCの学習には余り役立ちません。

でも勉強したいものはしたいんだということで、始めていきますか。

スポンサーリンク




開発環境について

コンパイラ選び

CをWindowsで開発するには、「Borland C++ Compiler」「Microsoft Visual Studio」、「MinGW」あとはブラウザアプリが使えるようです。

またLinuxだと「GNU Compiler Collection (GCC)」が使えます。MinGWはこれの移植です。

Mac OS Xは知らん。多分GCCが使える。

これらはコンパイラという、プログラムを実行できる状態にするためのソフトウェアです。

どれを選んでも大して変わりません。少しだけ実行速度が変わるようです。

でも勉強用途のプログラムなんて大したことないのでどれも変わりません。

楓のパソコンはDELLのWindows10ノートです。

勉強だけならブラウザでも開てやればいいのですが、何となく開発環境を作りたい。

新規に専用パソコンを作るお金はありませんので、手段は二つです。

  1. Windows環境でそのまま開発する
  2. LinuxをデュアルブートしてGCCを使う

統合開発環境

一度、コンパイラ選びを保留して統合開発環境を考えます。

統合開発環境はテキストエディタとコンパイラ、デバッガが付属するセットですね。

コンパイラが付属するのでこちらを選ぶと便利です。

いろいろ見た結果、使わないことにしました。

理由は三つ

  1. 動作が重い ⇒ 別にいいけど
  2. 容量を食う ⇒ これは困る
  3. インストールに時間が掛かる ⇒ 最大の問題

Windows Subsystem for Linux

さて、Windows10にはWindows Subsystem for Linux(WSL)という便利な機能が搭載されています。

本当に一部の人しか知らない機能なのですが、楓はWSLの前身であるBash on Windowsを興味半分で触ったことがあるので、たまたま知っていました。

WSLではLinux環境が動くので、当然GCCが使えます。

GCCだけなら軽い。一番軽い。

よって、WSLでUbuntuを導入、GCCとVimで開発する。

 WSL環境へのGCCのインストール

WSLの導入は割愛します。

sudo apt-get install gcc

終了です。エディタは標準のVimでいいと思います。

スポンサーリンク